僕と競馬と外れ馬券、時々普通のお話。

のんびりと競馬予想だったり、時に他の趣味の話だったりを書いてきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
予想について
・基本的には重賞を対象としますが、気分によっては普通のレースについても軽く予想するかもしれません。
・予想方法は、特に理論は使いませんが、馬の調教内容、出走馬の脚質・枠順等から予想される展開に基づいて行おうと思います。
・本命格の馬については、買い消しに関わらずなるべく全頭触れられればと考えております。
・馬券に関しては馬連、三連複を中心とした買い方です。穴を狙うときはワイドも買うと思います。
・2歳重賞はデータが少ないので血統と前走が中心となります。なので記事の量は必然と少なくなりますがご了承ください。障害重賞は知識が不足しているので応援程度だと思います。
・GⅠ週はそこに力を入れるため、他の重賞が疎かになりますorz 時間があればそっちもしっかり書くかもしれません。



重要ポイント
私の的中率は基本的に低いです(´・ω・`) あまり過度な期待や丸乗りはせんといてくださいw
・予想に関しても、私情がふんだんに盛り込まれますのでご了承ください。
スポンサーサイト
 先週は酷かった。。。58kgは来ないとバッサリ切ったロゴタイプに来られるわ。悩みますと書いたキタサンブラックに2着に粘られるわで散々でした。
 ダービー卿を勝ったマジックタイムは2歳の頃きんもくせい特別を勝った際に注目してた馬。ようやく重賞初勝利です。勢いに乗っているハーツは買いでしたね。2着ロゴタイプは中山で相手が弱ければ来ると言った感じか。3着サトノアラジンはまたも賞金加算出来ず・・・2歳の頃からこういう馬ですね。
 大阪杯はアンビシャスが貫禄のノリマジック。キタサンブラックのユタカも上手く乗ったし、3着のショウナンパンドラも上手い競馬。逆に◎だったラブリーデイのデムーロはヘグリましたね。次走どうなるか。

 さて、桜花賞はこれから外出なので印だけ。どうしてもメジャーエンブレムに逆らう気は起きないレースですね。

桜花賞(GⅠ 阪神芝1600m)
◎:メジャーエンブレム
◯:ジュエラー
▲:アットザシーサイド
△:シンハライト
△:デンコウアンジュ
△:ラベンダーヴァレイ
△:ウインファビラス


 ◎のメジャーエンブレムはそれなりに絡む馬もいそうですが、さしたる実力馬が絡む訳でもないのでねじ伏せる形になるのかと。前が消耗すればマイルでそれなりのペースを経験してる馬が差してくるので、そうなると人気の2頭◯ジュエラーと△シンハライトがやはり強いのか。▲アットザシーサイドは2歳から注目してたので、ここで浮上してきてほしいという意思も込めての▲です。他に穴で足してもソルヴェイグとブランボヌールくらいまでかな。
ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ・中山芝1600m)

??「GⅢ?Y・GⅠだYO!」
 いわゆるY・GⅠですが肝心のヨシトミが乗っておりませんのでGⅢです。
 
 近年の中山マイルは馬場の改善がされたのか言うほど内枠が有利ではないのに最近データを見直して気付きました。3枠あたりは良績ですが1・2枠はさほど良くありません。
 
 ここ10年の傾向は、前走東風S組、準OP組、5歳馬の好走と、ハンデ戦らしい1番人気、斤量58kg以上の不振です。
 
 好走条件の東風S組は過去10年で(3.5.5.25)の成績はOP戦からとしてはかなりの良績です。また準OPの武庫川Sから2勝、道頓堀S、スピカSから1勝と準OP組から勝ち馬が4頭出ているのも見過ごせません。
 5歳馬については、過去10年で5歳馬が6勝を挙げており、全体でも(6.2.4.26)と世代別では唯一勝率が10%を超えています。 
 また上に書いた点以外では、前走の距離はマイルか1400mがほぼマストの条件であり、1800m、2000mの距離短縮組は不振です。

 反対に不振なのは1番人気と重ハンデ。1番人気は(2.1.0.7)と人気を裏切る事が多く、勝ったのは昨年のモーリスとヨシトミ騎乗のタケミカヅチの2頭。2着はダイワマッジョーレです。後のG1連対以上か、G1連対歴のある馬となっており敷居は高そうです。
 重ハンデは58kg以上が(0.0.0.10)のジェノサイド。57.5kgなら(2.1.1.5)となり一番の好走枠になっています。

 以上のデータに血統等を絡めた予想の結果が以下のとおりです。

◎:ダッシングブレイズ
◯:インパルスヒーロー
▲:キャンベルジュニア
△:マジックタイム
  サトノアラジン
  エキストラエンド
  サンライズメジャー


◎はダッシングブレイズ。前走の東京新聞杯こそ競走中止でしたが、マイルでは大崩れがない馬。ハンデも56kgと丁度良く、期待したい所です。
◯はインパルスヒーロー。前走東風Sでは復活の勝利。重賞で勝春を買うのは勇気が要りますが、狙ってみたい所です。
▲はキャンベルジュニア。前走準OP組であり、54kgは恵まれたので◎にしたい所でしたが、前走1800mなのが引っかかりました。
△以下はデータで悪くない馬と実力上位のサトノアラジンの4頭を挙げました。実際の馬券ではハンデ戦なので高配当を狙って他の穴馬も手を出してみたいと思っています。
 お久しぶりです。今日は1日ゆっくりと競馬に時間を割けるので久々に更新してみます。

産経大阪杯(GⅡ・阪神芝2000m)

 毎年GⅠ馬の初戦として使われるレース。多頭数にはなりにくいが、レベルが高いレースです。それだけに来年からGⅠ昇格が検討されてるらしいですが、それは何か違うのかなぁと感じている所です。

 レース傾向としては、この9年間1番人気が3着を外しておらず、10年間で唯一複勝圏外だったローゼンクロイツは、GⅠ未勝利馬のため、GⅠ馬が1番人気なら複勝圏内は固い傾向にあります。

 また、ほぼ毎年5番人気以下も絡んでおり、ここ5年の該当馬は以下のとおりです。
2015年:エアソミュール(6番人気3着 前走:AJCC2番人気3着)
2014年:トウカイパラダイス(6番人気2着 前走:中日新聞杯12番人気5着)
2013年:エイシンフラッシュ(5番人気3着 前走:有馬記念3番人気4着)
2012年:ショウナンマイティ(6番人気1着 前走:大阪城S1番人気2着)
2011年:ダークシャドウ(8番人気2着 前走:調布特別1番人気1番人気1着)

 他にも2010年はテイエムアンコールとゴールデンダリアが6番人気と9番人気でワンツーを決めたりしています。主に相手なりに走る善戦馬、これ以降GⅠ連対を果たす素質馬が来ている様に感じます。
 以上の傾向に血統も含めて、予想印は以下のとおりとなりました。

◎:ラブリーデイ
◯:ヌーヴォレコルト
▲:タッチングスピーチ
△:アンビシャス
△:イスラボニータ
△:ショウナンパンドラ
穴:レッドレイヴン

 
 ◎は1番人気のG1馬ラブリーデイ。58kgも昨年こなしているため、さほど問題ではないかと。血統も父キングカメハメハは阪神芝2000mで好成績を収めており、三連複であれば軸として最適と踏みました。
 ◯はヌーヴォレコルト。休み明けに走るタイプの馬であり、これほどの実績馬が54kgで走れるのはかなり有利です。父ハーツクライは同条件で1着こそ少ないが、複勝率、複勝回収率共に優秀。鞍上の岩田は不振が続いてますが、ここで復活してもらいたい所。
 ▲タッチングスピーチがいわゆる人気薄枠。相手なりに好走出来る実績馬なので、ここでも期待します。
 △以下は人気馬と穴にレッドレイヴン。キタサンブラックは取捨に困りましたが、乗り替わりと58kgがどう出るか。最終的に押さえるかもしれません。

 久々に書いたら結構尺が長いので、ダービー卿CTは次の記事にします。

 
 ホースマンの1年はダービーに終わるという言葉にある通り、POGの集大成ダービーが本日開催でした。

 勝ったのはワンアンドオンリー。橋口先生悲願のダービー制覇を果たしたその表情は、見てる者も幸せにしてくれるような晴れ晴れとした表情でした。私としてもあるPOGでワンアンドオンリーを指名していたため、非ディープ産駒でのダービー制覇を達成したのは嬉しい限りです。橋口先生、本当におめでとうございます!

 そして上でも上げたPOGですが、昨日しーざりこさん主催のPOGで、2014-2015シーズンの指名を行ってまいりましたので、昨年のしーざりこPOGの指名馬を振り返り、それから次の記事で来シーズンの指名馬を紹介しようと思います。

 ・POG2013-2014
1位:グレートアイランド 父マンハッタンカフェ 母グレースランド 
(主な兄弟:ドリームパスポート) 90Pt
 1位にして最大の誤算でした。まさかデビューが3月で更にダートになるとは・・・順調なら走っていたと思いたいです。

2位:ドラゴンストリート 父ディープインパクト 母フィラストリート 
(主な兄弟:ブロードストリート) 820Pt
 新馬戦でフォーム見た時に「あれ・・・?」と思いましたが、次第にフォームが矯正されてきて、最終的には勝ち上がりは果たせました。これからもっと良くなってくると思います。

3位:ハープスター 父ディープインパクト 母ヒストリックスター 
(主な兄弟:ピュアソウル) 22500Pt
 今回の功労者。この馬1頭で勝ったようなものでした。元々桜花賞狙いとして指名したので、宣言通り桜花賞を勝ってくれて幸せです。二冠取れなかったのは残念でしたが・・・w

4位:エイシンオルドス 父フジキセキ 母アルカイックレディ
(主な兄弟:エイシンキンチェム) 2260Pt
 前半の功労者になってもらう予定で、開幕の新馬戦を勝つまでは予定通りでしたが、そこでまさかの故障で復帰は10月、復帰戦のりんどう賞を勝ってくれたのですが、ファンタジーS4着後に骨折・・・結局最後の方に復帰はしてくれましたが、思いの外稼いでくれなかったという印象になります。

5位以下は順位忘れましたので順位書かずに振り返ります。

ゼウスバローズ 父ディープインパクト 母ラヴアンドバブルズ
(主な兄弟:ディープブリランテ) 1220Pt
 抽選ハズレて指名した馬。新馬戦終わった後から見れば、比較的予想通りの成績でした。

ペンタトニック 父ジャングルポケット 母ポップス
(主な兄弟:ポップロック) 1370Pt
 この馬に関しては、小牧がヘグリまくって新潟で菱田君に替えてすんなり勝ったので、ちょっと惜しかったなぁと思います。今年のジャングルポケット産駒は2勝馬が出なかった凄惨な年でしたので、その中では健闘した方ですね。

オリエンタルポピー 父キングカメハメハ 母トールポピー
(初仔、母阪神JF・オークス勝ち馬) 0Pt
 母がジャンポケ産駒のG1馬で、かつ早逝したために指名しました。指名出来ただけで満足です。無事に繁殖入りしてください。
 あれ・・・この馬が4位でオルドスが5位だったかもしれない・・・w

セントーレア 父シンボリクリスエス 母ポンデローザ
(主な兄弟:シェルエメール) 0Pt
 この馬、POG本で470kg台と書かれていたのに、デビューしたら430kg程度しかなくて絶望した馬ですね。ボリクリでそれだけ小さければモムーリ!o(゚Д゚)っ

アイルビーホーム 父A. P. Warrior 母Nonsuch Bay
(主な兄弟:なし) 0Pt
 マル外枠で指名しました。金子真人に池江泰寿で、馬体も良かったのでそれこそアジアエクスプレスみたいな活躍を期待しましたが、この馬もデビューまで時間かかりすぎましたね。マル外選ぶセンスがありませんでした。

ガリバルディ 父ディープインパクト 母シェンク
(主な兄弟:マルカシェンク) 2620Pt
 ごめん忘れてた。ハイペースの差しなら結構強い馬ですね。抜群のキレってタイプではないのですが、ハイペースに強いとなると大きいレースの方が走りそうなので、なんとか条件戦で勝てるようになってもらいたいです。

 以上10頭でした。ハープスターという怪物を引けたのは大きかったですが、もう少しバランスよく賞金稼げるようにするのが来シーズンの目標ですね。
 次の記事では、先日指名してきた来シーズンの指名馬を紹介したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。