僕と競馬と外れ馬券、時々普通のお話。

のんびりと競馬予想だったり、時に他の趣味の話だったりを書いてきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【有力馬展望】 続き
ブロードストリート→個人的にはチューリップ賞時に◎を打ってorzした馬。今年の牝馬クラシックの応援の優先順位はレッド>>ブロード>>超えられない壁>>ブエナとなっておりますw
ローズSではレッドディザイア相手にレコードのおまけ付きで勝利し、3強に食い込む最有力候補として名前が挙がります。藤原師は管理馬3頭の内、春からの成長に一番不満があったそうですが、見た目以上に成長していたのかなとの事。この馬も枠順と脚質は恵まれているので、私の予想としてはジェルミナル以上に勝負が期待できるのでは無いかと。ジェルミナルを除いた2強に割り込めるか、それとも一気に頂点に立つのか、期待が持てる1頭です。


ミクロコスモス→昨年の阪神JF3着以降常に人気を背負うものの、気性の荒さからか重賞で今ひとつな成績が続きます。
ローズSでは武豊が脚を試す感じにまくっていった結果、伸びきれず4着。ということで恐らく直線の末脚に賭ける形となるでしょう。となると一昨年のベッラレイアと同じ形で「溜め殺しwww」とアンチ武が喜ぶ形になるのかもしれません。ただ枠番がブエナの隣という事で、武がブエナを潰す競馬をするという可能性もあり、ある意味一番三冠の鍵を握る馬かもしれませんね。


ハシッテホシーノ→馬に罪は無いが、馬名の経緯などからとても嫌われる同馬ww前走三面川特別では、スローペースを三番手から上がり33.0秒で押し切り。速い上がりが課題と思われていただけに、一つ成長を見せたという所か。
先行馬が穴を開けるレースなので、先行勢ではデリキットピースに並ぶ穴有力候補。どうしても好きになれない馬ではあるが、今回は△は打たないと駄目かな。


モルガナイト→二走前に阪神1,800mでレコード勝利。上がり馬の中では最有力とされる同馬。果たして一気に秋の3歳女王まで昇り詰めることは可能なのでしょうか!?
と煽ってはみたものの、予想としては消し。理由は以下の通りです。
阪神のレコードに対する評価
このレコード(1,45.1)は開幕週かつ1000m通過が57.7秒というハイペースの中で出たものであり、更に翌週のローズS(1000m通過タイム58.1秒)にてアッサリと上位3頭にそのタイムを越されています。1000m通過タイムが0.4秒早く、レースタイムが0.4秒遅い。モルガナイトの方は52kgだった点を考慮すると、ローズS上位馬に勝つのは少々苦しいのかなと感じます。

あえて怖い点と言えば、今年好調のサンデーレーシングで、サマージョッキーズシリーズ王者の秋山が乗る点ですかねw


ワイドサファイア→素質は2歳時から大物と評価された馬。ええ大物詐欺ですね、わかります。
という事で消し。誰かこいつが覚醒する時を教えてくださいw


以上で展望は終了。本題の印打ちに入ります。
◎:レッドディザイア
○:ブエナビスタ
▲:ブロードストリート
△:ハシッテホシーノ
  ジェルミナル

以上の5頭で足りるのかなと。むしろ馬連なら◎-○1点勝負でやりたいかな。
本来の私の予想では、穴をもっと狙う所ですが、紫苑Sではお世話になったダイアナバローズも、過去のデータで紫苑S組が全滅してる点が不安ですし、あえてもう1頭入れるのならば未知の魅力でホクトグレインなのかなとは思うものの、この馬券では点数を増やせそうもありませんしね・・・orz
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。