僕と競馬と外れ馬券、時々普通のお話。

のんびりと競馬予想だったり、時に他の趣味の話だったりを書いてきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まずは武蔵野Sから。超一線級は少ないけど、古馬一線級から勢いのある3歳馬までいいメンツが揃いましたね。というわけで枠順確定前というのもあり各馬の実力や斤量等から判断させていただきます。枠順決まったら外枠優先になるでしょうねー。

・実力上位馬
サクセスブロッケン→実力は最上位。同コースで開催されるフェブラリーSを勝利しているのでコース適正も問題なし。ローテも南部杯を休み明けで2着なので問題なし。死角はやはり斤量59kgでしょう。あと藤原厩舎はトライアル仕上げの時はあまり勝つイメージが無いんだよなぁ。

マチカネニホンバレ→府中ダート4戦4勝の実績。持ちタイム1:35.3は十分優秀だがそれも最後は流してのもの。斤量も57kgと重過ぎるわけでなく、この馬が最も不安要素が少ないでしょう。

トランセンド→前走エルムSでは予想外に伸びず4着。瞬発力不足が現在の弱点かもと内田騎手もコメントしていたのが心配。更に前走3kg差あったマチカネニホンバレとの斤量差が2kgになるし、瞬発力が活きる東京ダートでどうかだが、メンバー的にも思い切って逃げれば残すことも十分可能だろう。

テスタマッタ→末脚確かな馬で、岩田騎手が何故この馬でなくjラヴェリータに騎乗したのか疑問が残る。とはいえ休み明けの58kgを考慮すると、スミヨン騎手への期待もあるが3着までが限界だろう。

・第二勢力
ワイルドワンダー→実績なら上位馬に入る所であるが、やはり1年近い休み明けとなると減点が大きい。とはいえ府中ダートのマイルは複勝圏外ゼロと安定感あり。久々に56kgで乗れるのも強みか。

ワンダーアキュート→前走シリウスSを制して連勝を飾ると共に重賞初制覇。勢いは買えるのだがマイルが初というのが気がかり。56kgも前走から2kg増と気になるが勢いは買い。

シルクメビウス→前走は新潟ダートで差しは無理だし、降着もあったりと完全に度外視。2ヶ月間が空いたのは少々気になるが、テスタマッタより2kg軽いしこちらの方が買える要素は多いかな。

ラヴェリータ→ダートではまだ底は見せてないが、流石に今回は相手が強化されすぎか。どれだけ通用するのか楽しみではあるが今回は切りかと。

ダイショウジェット・セレスハント→ここは実力的にほぼ互角。今年のポラリスSでもアタマ差でワンツーでした。OPレースでは通用も重賞でこのメンツだとやや厳しいかも。オッズ次第でヒモに入れるかなぁ。




この様な見解から、以下の印となりました。
◎:マチカネニホンバレ
○:トランセンド
▲:サクセスブロッケン
△:ワンダーアキュート
  ワイルドワンダー
  シルクメビウス

ここに少々穴馬を混ぜて、三複と◎の馬連流しかなぁ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gominorjokey.blog101.fc2.com/tb.php/15-aaf619c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。