僕と競馬と外れ馬券、時々普通のお話。

のんびりと競馬予想だったり、時に他の趣味の話だったりを書いてきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは、最近海外に行ってたり忙しくて更新する暇が少なかったりで2週連続GⅠに関しては更新してませんでした。ホント申し訳ございません。年内最後の予想となるので頑張って書きます。

今回もとりあえずは印から。

◎:マツリダゴッホ
○:ドリームジャーニー
▲:セイウンワンダー
△:ミヤビランベリ
  アンライバルド
  ブエナビスタ
  エアシェイディ
  スリーロールス

一応全頭軽く解説、印打った馬は少し長くします。
①:アンライバルド △
とにかく折り合いがつけば弾けてくれる。それに賭ける為のデムーロへの乗り代わりはプラス。距離に不安はあるが、案外2,000がベストの馬でもこなせるのが有馬記念のイメージにあるのでまぁなんとかこなせるか。ペースがある程度速くなりそうなのもこの馬にとっては歓迎。
ファンが期待するのは当然皐月賞の様な、4角~直線でワープしたかのようなあの脚。兄フサイチコンコルドに並ぶ音速の末脚は炸裂してくれるのだろうか?
△なのは距離不安のほかに、やはり秋はリズムが悪かったので、軸にするのはもう1回勝ってからかなと思っています。

②:ブエナビスタ △
ノリへの乗り代わりは、やはり先行に近い位置を試す意図があってのものなのだろうか。一般的な視点ではそうだろうと想像されますよね。ただ今まで追い込み一辺倒に近い馬に先行させるのは諸刃の剣でもある。果たしてこの馬にはどう出るのだろうか?
ホントはもっと厚い印を打とうかと思ってるのですが、オッズ的に美味しくないし、その諸刃の剣が自分に向くこともあるので押さえまで。

③:ミヤビランベリ △
先行したい当馬にとってはうってつけの枠。流石にリーチザクラウンに対してハナを主張する事は無いと思うが、先行でスンナリ乗って、内をするする抜けるという一昨年のマツリダゴッホと同じレースをシミュレーションする馬でしょう。となると結構積極的に買いたい馬。
それでも△な理由、やはり『格』でしょうかね。一昨年のマツリダゴッホだって同じ様なモンでしたが、GⅠ馬になる馬にはそれなりの格が必要な気もするんですよ。まぁ今年に至っては春天すら重賞初勝利の馬に掻っ攫われてるので格もクソも無いと言われたらそれまでですがね。ちょっとした不安要素は、ハイペースになりすぎると当然潰れる事ですよね。

④:マイネルキッツ 無
え、無印の理由?鞍上三浦で切り。ただそれだけ
やる大江原にGⅠで先に掲示板載せられちゃったね。( ◜◡‾)9m m9(‾◡◝ )


⑤:コスモバルク 無
6年連続出走には頭を下げるしかない。ホント意地でも地方馬として出る姿には敬意を表しますね。
この馬に頼むことがあるとすれば、他の馬の邪魔はしないでねw


⑥:エアシェイディ △
昨年の3着馬、前走JCでも5着と好走。基本的には中山巧者であり、8歳にして衰え知らずなのはカンパニーと同じ。どれだけ戦えるか、それは細江さん曰く「オシッコが出るか」ですねwww
△の中でも完全に固定で△に指名出来る馬。それ以上の印を打つのはやはり危険。GⅠで勝つにはどこか足りないのは否めませんからね。

⑦:マツリダゴッホ ◎
言わずと知れた中山のラスボス。他の競馬場はノーサンキューだが中山なら赤兎馬にも負けはしない!昨年の大敗は出遅れ気味の所に完全に武とデムーロにしてやられてました。パトロールビデオ見て畏怖すら覚えるほどにね。
今年の◎を打った理由はやはり府中のウオッカの様に格上感のある馬が不在だから。JCも回避して有馬に対して照準を合わせてきてるので好走必至でしょう。後は蛯名に任せるのみ・・・


⑧:リーチザクラウン 無
2歳時に大器と言われ、3歳クラシック3強を形成するも唯一の無冠。ここで悲願の一冠を目指す姿はシルクジャスティスのよう!?それともキングヘイローの様にモタモタしてしまうのでしょうか・・・?
今回無印なのは、やはり武豊の逃げというのが他の騎手よりマークされてしまうから。距離は何とかなるだろうし、狂った歯車をどこまで引き戻せるか注目したいですね。

⑨:ドリームジャーニー ○
昨年はエアシェイディとハナ差の4着。今年は更に充実期を迎え、『ステイゴールド産駒は2度化ける』と劣化版ノーザンテーストの様な言葉を作りたくなる程、宝塚記念では強さを見せていました。
今回○なのは、秋を目標どおりの3戦に絞り順調である事。これは使い詰めにあまり強くないステイゴールド産駒にはいい傾向です。小回りコースはもってこいなので、マツリダよりは劣るものの中山適性はある程度高いでしょう。またハイペースになれば突っ込んでくるのはまずこの馬。他の差し馬よりいい脚を使えるでしょう。


⑩:スリーロールス △
今年の菊花賞馬。伝説の新馬戦4着で、更にこのレースの評価を高める要因になった馬ですね。菊花賞では道中ヨレて、最後の直線でもスクリーンにビビッて大斜行。トモもパンとせずまだまだ若さを見せる馬ですが、菊花賞馬は有馬記念で中々の相性を見せているし、若い浜中騎手と共に「政権交代」、それとも「CHANGE」といけるか!?
菊花賞馬は応援するんですが、まぁこの馬が△なのは調教の内容と、浜中が中山2500未経験っぽいとこですよねwこの馬自体もまだ若いし、来年かな大仕事をするのは。

⑪:イコピコ 無
神戸新聞杯をレコード勝ち、菊花賞は仕掛けミスでも僅差の4着と実力はある。中山2500も条件的には合うだろう。追える騎手内田を鞍上に配してどう出るか?
正直印は打っといた方がいいかなとは思う馬。ただ内田も仕掛けミスる気がするし、先行して伸びきらない鳴尾記念はローテ的にも余計だったかもしれない。

⑫:テイエムプリキュア 無
悩める2歳女王が日経新春杯で復活したのは今年初め。エリ女でも連対し、ファンの声で有馬参戦を決めた馬。リーチと一緒に逃げようとするのか、それとも無理せず2番手でエリ女の2匹目のドジョウ狙いか?
まぁ無印ですよね。オカルト的には阪神JFと同じ6枠12番というのは気になるけどw


⑬:シャドウゲイト 無
略。
シャドウゲイト「ちょwwwおまwww」


⑭:セイウンワンダー ▲
2歳王者もそれ以降勝ち星は無し。ただしどんな距離でも3着を確保出来る安定性と柔軟性は買い。父が復活した3歳の有馬記念で息子も勝利を期待。無論中山コースの適正は高いと思われる。
正直外枠じゃなきゃ○打った。実力を測りづらい馬ではあるのだが、気づけば先頭に迫っている姿はダークホースとしてまさに適役。鞍上藤田も強化であり、期待が持てる。

⑮:ネヴァブション 無
中山巧者ではあるが、やはり格下か?AJCCの走りが出来れば紛れもあるかもしれない。


⑯:フォゲッタブル 無
超良血が3歳秋についに才能開花!セントライト記念で3着となりギリギリで菊花賞の権利を取ると、本番ではハナ差の2着。ステイヤーズSでは限界まで追い出しを我慢して最後しっかり差しきる強い競馬。エアグルーヴの代表産駒の座をアドマイヤグルーヴから奪えるか?
まぁステイヤーズSからのローテってのは分が悪い。更に大外枠というのが去年のモナークがあっても成績の悪さは知っての通り。この馬もまだまだ成長途上と思われるので、大仕事は来年に待ってもらいましょう。三複ならガミってもいいかとの気分で押さえるかもしれない。



この様な印とさせて頂いたが、今回はホントに混戦だなぁ。あと3歳馬のBOXは遊びで買うと思いますよ。
今日は現地観戦ですので楽しみです。
ちなみに今回の記事作成中のBGMはこれ。テンション上がってきますよね。
(◞≼◎≽◟)僕だよ、トモダチだよ。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gominorjokey.blog101.fc2.com/tb.php/32-2c17c36f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。