僕と競馬と外れ馬券、時々普通のお話。

のんびりと競馬予想だったり、時に他の趣味の話だったりを書いてきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 競馬の1年は、ダービーに始まりダービーに終わるという格言があります。すべての競馬関係者はダービーに自分の馬を出す・騎手なら騎乗する事を夢見ている。
 馬主なら、吉田善哉はダイナガリバーでついにダービーを勝った時、人目を憚らず号泣した。それを見たグランパスドリームの馬主岡田繁幸(マイネルの総帥)はダービーに強いこだわりを持つようになった。
 騎手なら、サニーブライアンでダービージョッキーとなった大西直宏は、たとえ乗鞍が無くても、ダービーの週は東京にいた。そして「1番人気はいらない、1着が欲しい」という名言を残し、ダービージョッキーになったのである。昨年3連覇をかけながら、ベストメンバーの骨折で馬がいなくなった四位洋文も、当日何かあったらと2鞍しかないのに東京で乗り、その2鞍共に勝利するという意地を見せた。

 それほど競馬関係者がこだわりを見せるダービー、競馬ファンにとってもそれは同じことであり、関東在住のファンはもちろんのこと他の地方からもはるばる遠征し、徹夜で並ぶこともある。ならば現在関東に在住してる私も当然の事府中に足を運ぶはずであり、その予定であった。。。

 

 まぁ、よりによってダービーの日に初の休日出勤が入るとは思いませんでした。しかもどうやら有馬記念の日も駄目だそうです。今年の私は何を励みに生きればいいんだろうねwww(´・ω・`) (´・ω:;.:...

 

 まぁ決まってしまったものは仕方ないので明日は仕事してきます。でも今日の予想は気合入れて書きますw「毎週やれ!」という罵声が聞こえてきそうですが、そこは(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

 東京優駿
まずは印から。今回は印打った馬についてボチボチ書こうと思ってますので、2つに分けるかなー。
◎:ヒルノダムール
→皐月賞でも本命にしましたが、今回も信念を貫く形で◎にさせていただきます。
 ◎を打つ理由の1つ目は、皐月賞のレース内容です。出遅れ気味で後方3番手追走、直線は藤田のミス(藤田は不利と言ったがあれは藤田のミスだろう)で直線で詰まるシーンがありながらも、最内をキレイに抜けてきたヴィクトワールピサと0.2秒差。そこまでの差は無いと見てよいだろう。
 2つ目は他馬からのマーク。当然マークはヴィクトワールとペルーサに向くので、自由に競馬が出来る。皐月賞より前目に位置取り、若駒Sの様に早め抜け出しをすれば勝機ありと見る。形としてはブログ始めた週のレッドディザイア@秋華賞みたいな感覚かな。血統は父マンハッタンカフェ。延長ローテは得意な血統であり、初距離の2,400もプラスとなるだろう。また母父はラムタラ、種馬としては失敗に終わった、「奇跡の馬」と呼ばれた父の血の名誉を挽回する機会はここだ。

○:ペルーサ
→青葉賞のレースっぷりを見ると買いたくなる。というか私の◎ヒルノダムールにも勝っているのだから◎にしたくなるし、鞍上も昨年ついにダービージョッキーになり、今年も絶好調のノリである。
 しかしそれでも○にせざるを得なかったのは、やはり調教の軽さ。藤沢和雄厩舎が牡馬クラシックを獲れないのは、間違いなくここにあるのではないかと思っている。ペルーサの父ゼンノロブロイでネオユニヴァースに勝てなかったのもこの問題だろうし、今回もメイチに近い調教はせず軽め。今回はもう少し強めにやって欲しかった。
 もう一つの懸念である青葉賞ローテの呪いについては、オークスで同じような扱いをされているフローラS組が1・3着になってるし、そこまで深刻に考えなくても大丈夫かもしれない。

▲:ヴィクトワールピサ
→皐月賞馬にこの評価は失礼かもしれないが、弥生賞で受けた「皐月賞はこいつか」という衝撃(その後ヒルノダムールの若葉Sを見て逆転してたのだがw)は残っているものの、どうしても中山ではピサが上だったが、東京ではヒルノダムール・ペルーサの方が強いのではという疑念が消えず▲に。
 他に気になる点は血統。母からはスウィフトカレントやアサクサデンエンが出ていて、前者は秋天2着に、サマー2,000王者という成績、後者は安田記念馬という成績を見ると、やはり良績はマイル~2,000に集中しており、その点ネオユニヴァースというダービー馬の産駒ながらも血統に不安は残す。まぁオークスでソルティビッドの仔が勝ったんだから、そんな気にしなくていいのかもしれませんけどねw
 また、騎手は武豊がダービー断念した為に、皐月賞から継続で岩田になったが、岩田としては昨年のアンライバルドの屈辱を晴らしたいでしょうね。今回はそこらへんに注目。

△:エイシンフラッシュ
→皐月賞3着馬は今回もマーク薄め。常に善戦できる馬だし、調教も相変わらず抜群の動きを見せている。
 皐月賞よりメンツは強化され、厳しいかという声もあるが、抑えないのはやはり無謀。内をスルスル抜ければ好機ありと見る。



一回ここで切って、他の△馬等は次に書きます。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gominorjokey.blog101.fc2.com/tb.php/63-0437b7c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。